海外業者を使うメリット|投資について学びたいなら学校へ行こう|株で失敗しないようにできる
背広の人

投資について学びたいなら学校へ行こう|株で失敗しないようにできる

海外業者を使うメリット

お金

国内業者との違い

FX取引が個人投資家に広く浸透してきている近年は、国内FX業者のみならず海外FX業者の利用もできるようになってきました。国内FXと海外FXでは、使用できる取引ツールや取引のルールに相違があります。例えば、国内FX業者で取引をする場合のレバレッジは、個人では25倍までと自主規制が働いています。これに対して海外FXでは、この自主規制の対象となっていませんので自由に業者がレバレッジを設定することが可能となっています。そのため国内業者よりも高く50倍や100倍といったレバレッジを使用しての取引が可能となっています。取引できる通貨ペアも国内FXは、ドル円が中心ですが、海外FXは多様な通貨ぺアで取引ができるようになっています。

日本語サポートも充実

海外FX業者は、アメリカやヨーロッパ、オーストラリアを拠点にしてFXを世界中に広めています。そのため従来は英語でのサポートが中心でしたが、近年は日本の個人投資家の口座開設希望者が増加したことを背景に日本語でのサポートも充実してきました。口座開設方法の案内や取引に関するルールの説明、キャッシュバックシステムの説明などを全て日本語でホームページに掲載している海外の業者も見受けられます。また、日本にカスターセンターを開設して、電話やメールでFXに関する質問に答えてくれるサービスを展開している業者もあります。今後さらに日本の個人投資家の利用が増加していくようならさらに海外FX業者の参入が増えて、より利便性の高いサービスを受けられるようになると予想されています。